塗料のご紹介

  • TOP
  • 塗料のご紹介

Recomend

外壁塗装についてよくあるご質問と答え

日野・八王子で外壁塗装を手がけるペイントワークスでは、使用する塗料を厳選しています。だから、塗装面の高品位な仕上がり、美しい発色はもちろん、耐久性や対候性に富み、長持ち。なお、こちらでは、塗料のグレードや機能別に主なものをご紹介します。外壁の塗り替えをご検討中の方はぜひこちらをご参考になさってください。

ペイントワークス
推奨塗料

関西ペイント

関西ペイントは、日本3大メーカーと呼ばれる塗装メーカーです。創業約100年の歴史の中で、自動車用、建築用、防食用、工業用、船舶用、家庭用などさまざまな分野で使用される塗料を提供しています。塗料の色だけでなく、保護や消臭・遮熱や抗菌といった高機能を併せ持ち、用途に合わせた塗料を多く取り扱っています。
当社では、関西ペイントが行っているリフォームサミットに参画し、お客様に高品質な施工サービスを提供できるよう、技術力や提案力などのバックアップを受けています。

【壁用】アレスダイナミックTOP

アレスダイナミックTOPは、外壁劣化の原因物質である「ラジカル」に着目し作られた長期に外壁を保護する塗料です。カビや藻が付着しにくい上、塗料特有の臭いが少ない水性の高耐候性塗料のため、ペイントワークスでは特におすすめしています。

【屋根用】アレスクール(高日射反射率塗料)

一般の塗料よりも効率的に紫外線を反射させる塗料のため、屋根の温度上昇を抑え室内を快適な温度に保つ効果があります。最大-20℃の遮熱効果があります。

アステックペイント

アステックペイントは、世界で最も紫外線の強いオーストラリアで誕生し、世界中で高い評価を受けているメーカーです。日本でもよくつかわれる信頼性の高いメーカーで、環境や省エネに配慮した改修のコーディングペイントを提供しています。

【壁・屋根用】超低汚染リファインシリーズ

カビや藻の汚れ、排気ガスなどの汚れの付着・定着を長期間にわたり防ぐことができる塗料です。独自の無機成分配合技術により綿密な塗膜を作り汚れの付着を防ぎます。また、汚れが付着しても雨水が汚れを洗い流し、美観を維持します。

【屋根用】スーパーシャネツサーモシリーズ

紫外線などの劣化要因に対して強い耐性を発揮する高い耐候性と、高い遮熱効果を発揮する高機能屋根用塗料です。屋根の色彩・光沢を長期間美しく保ち、かつ高い日射反射率で室内の温度上昇を抑えます。

その他の塗料について

その他の塗料について

一般に耐久性の高い塗料ほど高く、そうでないものほど安くなります。また、光触媒塗料のように特殊な機能を持つものは相応に高価になります。

※表は左右にスクロールして確認することができます。

塗料 耐久年数 費用の目安 特徴
ウレタン塗料 7~10年

安い

 

高い

価格・耐久性・機能性などにおいてバランスのとれた塗料。柔軟性のある材質なので、細部や下地にも適しています。
シリコン塗料 10~15年 高品質にも関わらず、価格が高額にならずコストパフォーマンスに優れた塗料。光沢のあるきれいな外観が実現します。
サイディング塗料
(シリコン~フッ素)
10~18年 サイディング外壁のデザインをそのままに、光沢のある外壁を実現します。紫外線に対し強い耐性があり、長期にわたり外壁を保護します。
ガイナ
(セラミック塗料)
15~20年 断熱に優れた塗料。当社ではもっともイチオシの製品です。
フッ素塗料 15~20年 最高級の品質を持つ塗料。耐久性に優れ、長期間塗り変えなくても美しい外観を保つことができます。
無機ハイブリット塗料 20年~ 耐用年数20年以上を誇る超耐候型塗料です。

塗料ごとの料金はこちらをご覧ください

塗料選びで大切な
6つのポイント

価格の安価なウレタン塗料から高価な光触媒塗料まで、いくつものグレードがある外壁塗装用塗料。こちらでは、その中からどれを選べばよいか、6つのポイントをご紹介します。

Point1
予算
外壁の塗り替えだけと言っても、ある程度まとまった費用がかかります。全体でどれだけの予算があるかを確認した上で、塗料のグレードを選ぶようにすればムリがありません。
Point2
塗装範囲
予算にも関係しますが、外壁だけ塗り替えればよいのか、屋根まで塗り替えるのか、雨どいなどの細かなところまで塗装し直すのかをよく検討し、その上で、予算にムリのない範囲で塗料を選びましょう。
Point3
欲しい機能
夏の暑さが気になるなら各メーカーの遮熱塗料を、冬の寒さを防ぎたい場合は断熱塗料であるガイナがおすすめです。
Poin4
カラー
塗装色をどれにするのか、明度や彩度が高くはっきりした色合いにするのか、シックで落ち着いた色合いにするのか、など、その方向性をよく検討しておきましょう。当社では、透メックスというカラーシュミレーションを行うパネルを使用し、お客様に塗装後のイメージを確認していただいています。
Poin5
補修箇所の有無
外壁の塗り替えを機に、雨戸や雨どい、防水用コーキングなどに不具合があればぜひ補修し、建物と同色の塗料で塗装しておくとベターです。
Point6
耐久性
もっとも安価なウレタン塗料と、もっとも高価な無機・フッ素塗料では耐久性で倍もの開きがあります。高価な塗料で次の塗り替え時期まで長く持たせることはもちろん、耐久年数は短くても価格の安い塗料を選ぶことも可能です。