外壁塗り替えのメリット

  • TOP
  • 外壁塗り替えのメリット

Merit

定期的な塗り替えがもたらす数々のメリット

外壁の塗り替えは大きな出費だし、塗り替えなくても何とかなるかも──ところが、大間違い。確かにまとまった資金は必要です。でも、それを補って余りあるメリットを見逃さないでください。もしも、塗料の耐久年数を超えて放置してしまうと、かえって大損となることも。そこで、こちらは、外壁の塗り替えがもたらす数々のメリットをご紹介します。詳しくは、日野・八王子で外壁塗装を手がけるペイントワークスにおたずねください。

外壁を塗り替えるメリット

美観の復活、雨漏りや建物劣化防止、ランニングコスト削減など、定期的な外壁の塗り替えには想像以上に多くのメリットがあります。

美しい外観を維持する

美しい外観を維持する

長年、紫外線や風雨にさらされてきた外壁は、何もしないと色あせや剥がれなど経年劣化が起こります。外壁の塗り替えを行い、劣化した下地の部分からしっかりと補修し、その上に塗料を塗り重ねていくことで、新築同様の輝きや美しい外観を取り戻すことができます。また、塗料やカラーを選べば、ご自宅のイメージチェンジにもなります。バルコニーや玄関回りのカラーを切り替えてツートンにしてみるのも楽しいでしょう。

建物を保護し、寿命を延ばす

建物の寿命を延ばす<

屋根や外壁は、紫外線により経年劣化します。長期間にわたって外壁の塗り替えを怠ってしまうと亀裂やヒビ割れなどが生じ、劣化がますます進んでしまいます。また、塗料を塗り塗膜を作ることで、紫外線や風雨、台風や地震などの揺れから建物のを守ることができます。外壁塗装は、建物を保護し、寿命を延ばす重要な役目を負っています。

節電につながる

節電につながる

断熱効果や遮熱効果のある塗料があります。そのような塗料を使用することで、夏は涼しく、冬は暖かい快適な住まいを実現します。外気温による室温の温度変化を抑えることができるため、エアコンの使用頻度が減り、節電につながります。

防水効果を高める

防水効果を高める

外壁の塗膜がしっかりとしていると、外壁からの雨漏りを防ぐことができます。亀裂やヒビ割れなどがある場合、防水機能がない状態になってしまうためそこから雨水が入り込み建物の腐食につながってしまいます。劣化に気が付いた場合は、早めに塗料の塗り替えを行いましょう。