見積もりの見方

  • TOP
  • 見積もりの見方

Estimate

業者を選ぶ決め手となる見積書

外壁塗装で重要なのは誠実な業者、技術のある業者を的確に選ぶこと。一般の方にはとてもハードルの高いことのように思えるかもしれませんが、じつは格好の判断材料があります。それが各社の「見積書」です。この書き方一つ、項目の立て方一つで、依頼すべき業者、依頼してはいけない業者が判別できます。こちらでは、日野・八王子のペイントワークスがプロの立場から、見積もりの正しい見方をお教えいたします。

外壁塗装の相場は80~120万円

外壁塗装の相場は80~120万円

外壁塗装の金額を決める大きな要素は、塗装面積と塗料のグレードです。もちろん、外壁塗装以外の付帯工事がどの程度の範囲に及ぶかでも多少の違いはありますが、大筋では塗装面積である程度決まってくると言えるでしょう。一般的には、30~40坪程度の標準的な戸建て住宅で約80~120万円が相場といったところ。金額に幅があるのは、使用する塗料のグレードで差が生じるからです。

ちなみに、ペイントワークスが取り扱っている塗料でもっとも安価なものと、もっとも高価なものとでは価格に倍程度の開きがあります。ただし、安価な塗料は高価な塗料に比べ耐久年数が1/2程度と、性能もその価格に見合ったもの。とりあえず今回の塗り替えを安く済ませたいということであればグレードの低いものを、多少高価でも次の塗り替えまで長く持たせたいという場合はグレードの高いものを選ぶとよいでしょう。当社では、お客様のご要望に合ったプランをいくつかご提示し、決定していただきます。

外壁塗装見積書の見方

外壁の塗り替えが必要となったら、まずは複数の業者に見積もりを依頼しましょう。ただし、もっとも安い見積もり金額だったからという理由で業者選びをするのは禁物。なぜなら外壁塗装には適正な金額というものがあるからです。では、どのような点に注意して見積書を吟味すればよいのでしょうか?

「~一式」「~その他」と書かれた見積もりは?

「~一式」「~その他」と書かれた見積もりは?

合計金額は重要ですがそれだけに気を取られていると大事なことが見えません。作業や材料ごとにどれだけの費用がかかるのか、その内訳が詳細にわたって具体的に示されているかどうか、見積書をよくチェックしてください。もし、書面のどこかに「~一式」「~その他」とあいまいに書かれた項目を見つけたら、その業者には注意が必要です。見積もり内容に含みを持たせることで、追加費用を後から上乗せしてくることがあるかもしれません。

塗料の種類、グレードが明記されていない見積書は疑ってかかる

塗料の種類、グレードが明記されていない見積書は疑ってかかる

通常はあり得ないことですが、中にはあえて使用する塗料の商品名、ブランド名、使用料を記載してこない業者があります。もし、そんな見積書を提示された場合、疑ってかかったほうがよいかもしれません。なぜなら、何も明記せずにおくことで、実際には最低グレードの塗料を使われる可能性があるからです。その手の業者はただただ利益を出したいがために、材料費や人件費をカットしてきます。結果として塗装品質はお粗末なものになりかねません。

塗装の回数を記載していない見積書はダメ

塗装の回数を記載していない見積書はダメ

仕上がり品質や塗装面の耐久性を維持するために、塗料メーカーでは下塗り・中塗り・上塗りと3度の重ね塗りを推奨しています。にもかかわらず、見積書で何度塗りかとくに説明が記されていないとしたら問題。なぜなら、本来3度塗るべきところを2度で済まそうという魂胆があるかもしれないからです。もし、疑問に思ったら率直にその会社の担当に説明を求めましょう。あいまいに言葉を濁すようなら不誠実な業者です。

下地処理の項目が盛り込まれているか?

下地処理の項目が盛り込まれているか?

いかに高性能な塗料を使おうと、塗装面の「下地処理」が不十分なら満足のいく仕上がり、耐久性は得られません。ちなみに下地処理とは塗料が壁面にしっかり定着するよう、下地面の汚れを落とし、劣化した箇所に補修処理を施して滑らかにすることです。見積書にこの下地処理の項目がないのは、下地処理を省略するか簡略化してコストを下げ、利益を出そうとしている証拠。もちろん、こんな業者に依頼してしまったら、ひどい手抜き工事に後悔するケースがあります。

塗装箇所が網羅されているか確認

塗装箇所が網羅されているか確認

塗料に何を使うかはもちろんですが、実際には費用総額を左右する最大の要素は「塗装面積」です。誠実な業者なら、建物のどこに、どれだけの面積にわたって塗装するか、詳細を見積書に記載してくるはずです。実際、記載された数値が詳細なら実際の費用も見積もり内容と大差がないでしょう。しかし、もし、この項目がいい加減なら要注意。事前の打ち合わせにない箇所を塗装したからと、追加請求され予算オーバーといった憂き目に遭いかねないからです。

仮設足場の項目がない見積書は無意味

仮設足場の項目がない見積書は無意味

今日の外壁塗装では、まず例外なく足場を組んで作業します。しかも、作業性のよさや安全性を重視している業者なら「くさび足場」という足場組を使うもの。ただし、ごくまれに、コストを下げ利益を確保するために、足場組を省略したり、「単管足場」といって作業性や安全性の点で問題のある足場組をあえて使ったりする業者も存在します。こうした劣悪な作業環境では、満足な施工品質は得られません。見積書に「足場代」「仮設足場代」を明示していない業者には決して依頼してはいけません。

見積書のチェックは入念に

見積書のチェックは入念に

見積書は、施工の内容が記されたメニューのようなもの。見積書を確認して契約するということは、そこに記載された内容に同意をしたことにほかなりません。もし、その中身をよく確かめずに契約書に押印してしまったら、後々不都合なことがあってもクレームや主張が通らなくなるので用心しましょう。それだけに、見積書は隅々まで目を通し、わかりにくい箇所や不明な点はすべてその場で確認するよう心がけたいもの。

確かに見積書には専門用語が多く使われ、難しい内容もありますが、誠実な塗装業者なら不明な箇所があれば何度でもていねいに説明してくれます。反対にあいまいな説明に終始するならその業者は避けたほうがよいかもしれません。